腎臓病に良い食べ物 腎臓食 CKD 食事療法

CKDの食事療法

腎臓病の食事療法の基礎知識なぜ腎臓病では食事療法をするのでしょうか。

 

主な目的は病気の治療体調良くすること病気の進行を遅らせることです。

 

透析に入る前の方保存期の方であれば食事療法で腎不全に進んでしまうことを遅らせることはできます。
腎臓病に良い食べ物!腎臓食でCKDの食事療法

 

そして人工透析が必要になる時期を先延ばしすることができます。

 

人工透析を常にしている方では体調安定させるために食事療法必要なことです。

 

腎機能が低下していくと健康な時は正常に排泄されていたものが排泄されにくくなりからの中に泊まります。

 

例えばクレアチニンナトリウムやカリウムなど
例えばタンパク質をたくさんとると尿素窒素のどのようなものが溜まってしまいましクレアチニンなどが増えて体に毒がたまります。

 

塩分の排出機能も弱っているのでむくみがひどくなることがあります。

 

ひどくなると足が大きくなりむくみだるさがひどくなります。
腎臓病の食事療法のポイントは全てを制限することではありません。

 

 

必要なとるべき併用は取らないといけません。
栄養素が不足してしまうとこれも体調不良のもとになります。

 

病気に打ち勝つ力が失われてしまいます。

 

たんぱく質の制限量

ちゃんと取らないといけないものはとり制限しないできないものはしっかり制限します。

 

そして腎臓病の食事を方は本だけでなく周りの人も協力することが必要です。
腎臓病の食事療法は人によってタンパク質や塩分の制限があります。

 

それで主治医がどれぐらいの併用とっていいか管理栄養士さんが相談指導してくれますが、アドバイスをもとに自分で実践していくことになります。

 

先に書いたように腎臓病の食事療法は人によって変わります。
腎臓病に良い食べ物!腎臓食でCKDの食事療法

 

ですのでここから紹介する食事療法のポイントはあくまで大まかなポイントだと思ってくださいまず一つ目タンパク質を摂り過ぎないフタツメエネルギーをしっかり取る3つ目塩分控えるそれぞれを詳しく紹介していきます。

 

タンパク質を摂りすぎないタンパク質を摂り過ぎないに注意しないといけないのは何故なのでしょうか。

 

たんぱく質は体内で代謝されて尿素などの老廃物を生み出します。

 

この廃物は腎臓でろ過されていらなくなったものがおしっことなって体の外に排出されます。

 

そこで当然タンパク質をたくさんとると老廃物の量が多くなって腎臓の濾過機能に悪影響を及ぼします。
それで腎臓病ではタンパク質をたくさんとりすぎてはいけないと言われているのです。
一方でタンパク質をゼロにすればいいかと言うとそうではありません。

 

タンパク質の減らしすぎは良くない

ご存知のようにタンパク質は体に行く家を作るためのコンポになる栄養素で適度な量を取っておかないと体を作れなくなり代謝機能も落ちてしまいます。

 

ですので栄養士さんが指導してくれているタンパク質はしっかりとるようにしましょう。
タンパク質と言うと肉だけ重い個別ですが、お菓子やご飯などにも入っています。

 

妹や野菜果物にも入っています。

 

特に炭水化物はたくさん取るのですからたんぱく質の量も出演的に増えます。

 

ですので低タンパクのご飯などを使うといいですね。

 

体たんぱくごはんたんぱく調整ご飯低たんぱく麺など治療用の特殊食品も市販されていますので上手に使ってみてください
エネルギーはしっかり摂るカロリーをしっかり取りましょう。

 

なぜカロリーをしっかり取らないといけないかというとカロリーが不足するとその足りなくなったカロリーを補うために体中のタンパク質を分解してしまうからです。

 

こうすると尿素窒素などの老廃物が増えて腎臓に逆に負担がかかります。

 

ですので適切な体重を維持できるだけのエネルギーをしっかりとることは大事なのです。